超臨界流体 超臨界二酸化炭素(CO2)利用技術
TOP 超臨界二酸化炭素
超臨界CO2とは
適用分野とプロセス 乾燥抽出表面制御微粒子滅菌/殺菌適用例(表)
実験室から工業化へ 試験・研究・処理の受託
超臨界二酸化炭素系の特許・文献例   SC-CO2 Q&A   SC-CO2 お問合せ
HOME >> 超臨界流体 >> 適用分野とプロセス 二酸化炭素/炭酸ガスの使い方他   「想定外」でない装置のポイント!

超臨界二酸化炭素

  適用分野とプロセス

環境に優しい二酸化炭素を溶媒として用いることにより、グリーン・ケミカル・プロセッシング、環境負荷低減、脱有機溶媒などの社会的要請への実現が可能
豊富な経験を元に、超臨界CO2の持つユニークな特徴を生かした超臨界CO2プロセスの構築を効率的に提案、サポート

超臨界乾燥へ超臨界染色へ
半導体分野での微細構造体の乾燥超臨界染色:ナイキNIKE社が広める無水染色技術

超臨界成膜:表面制御へ
樹脂フィルムへの親水性・撥水性 付与例 (表面制御)

超臨界抽出:機能性成分の高圧抽出へ
抽出圧力別のコリアンダー種子抽出
乾燥
界面張力フリーで微細構造体/多孔質材料を乾燥
エアロゲル、カーボンゲル、粘土層間架橋多孔体、MEMS、半導体レジスト

抽出
有機溶媒を使わず環境負荷低減に貢献し、食品にも安全
有効成分抽出(香料、色素他)、不純物除去(農薬、樹脂中不純物他)

表面制御
超臨界CO2の浸透性を利用した微細構造体への含浸/注入
有機高分子材料への機能性付与、機能性物質含浸、染色

微粒子
溶解度制御性による結晶粒子の新規な単離・精製が可能
顔料、化粧品、医薬品(DDS)、マイクロカプセル

滅菌・除菌
常温に近い温度で処理可能、おいしさと安全性を両立
液体食品、繊維

超臨界CO2の対象物別適用分野の例 (雑誌「工業材料」「配管技術」掲載の表)

このページのトップへ