窒素ガス発生装置

酸素ガス発生装置

  • PVSA式

酸素ガス発生装置 PVSA (吸着) 式

PVSA方式
PVSA方式

PVSA式は真空ポンプを使用し、吸着塔内を真空引きすることにより、吸着剤の能力を最大限に引き出します。この結果、下左図に示すように電力原単位がPSA式よりも大幅に改善されます。

但し、空気プロワ、真空ポンプと製品酸素ガスを昇圧するブロワの3種類の回転機類が必要なため、設備費は一般的に高くなります。


吐出圧力が異なりますが、PSA式に対して、PVSA式を採用した場合は、下右図のブレーク時間に示すように酸素ガス発生量が多くなるほどPVSA式が有利になります。このため、特に、低圧での酸素ガス利用で、年間運転時間が長い場合は、一般的にPVSA式が採用されます。


SOV-890よりも大流量PVSAも製作していますので、お問い合わせ下さい。

酸素ガス発生量
酸素ガス発生量
型式 O 2 純度
O 2 発生量
Nm3/Hr*1
取出圧力
MPa
消費電力*2
kWh(kWh/Nm3)
重量
(kg)
寸法(mm)*3
奥行 高さ
SOV - 25w 90 25 0.12 21 ( 0.84 ) 5,000 2,100 3,800 2,650
SOV - 50w 50 40 ( 0.80 ) 8,500 5,500 3,300
SOV - 100w 100 77 ( 0.77 ) 13,000 2,300 7,700 3,470
SOV - 220 223 0.03 82 ( 0.37 ) スキッドマウント式(~SOV-100w)ではないため、
現地配管・電気工事他が必要です。
お問い合わせ下さい。
SOV - 440 445 164 ( 0.37 )
SOV - 890 890 304 ( 0.34 )

*1製品酸素発生量は、窒素とアルゴンを含む流量で、環境周囲温度が標準的な5〜35℃の値です。従って環境周囲温度により、O2発生量は0〜−10%の変動があります。
発生量の保証値は、表値−5%(流量計精度も含む公差)になります。

*2消費電力は、原料空気ブロワ、真空ポンプ、取出圧力まで昇圧するための酸素ガスプロワの消費電力の合計値です。
環境周囲温度により、N2発生量は0〜−10%の変動があります。発生量の保証値は、表値−5%(流量計精度も含む公差)になります。LCD表示の流量は、NLです。

*3突起部は除きます。(この仕様は予告なく変更する場合があります。)

このページのトップへ

  • サイトマップ
  • ご利用条件