HOME >> ガス発生装置 >> 酸素ガス発生装置 (O2-PSA、O2-PVSA) >> PSA式

ガス発生装置



酸素ガス発生装置 PSA (吸着) 式

 合成ゼオライトを吸着分離剤とするPSA (圧力スイング吸着:Pressure Swing Adsorption)式酸素ガス発生装置です。PSA式酸素ガス発生装置は、複数ある吸着塔に加圧した空気を供給し、窒素を吸着させて90%酸素を製品ガスとして取出すシステムです。
 PSA式は、通常、100Nm3/Hr以下で使用されます。年間運転時間にもよりますが、長時間使用の場合で、50Nm3/Hr以上の場合は、こちらのPVSA式も併せてご検討下さい。
酸素PSA SAO型
PSA装置(SAO-15HPa型)
 ●低価格な酸素ガスを提供するための、経済価格タイプの酸素ガス発生装置。
 ●カラータッチパネルディスプレイでの簡単操作・総合制御の多機能型。
 ●保守性を追求したパッケージタイプ。

 ●小型・省スペース、設置場所にも困りません。
 ●神戸製鋼製の給油式圧縮機との組合せが最適です。(下表の適応圧縮機参照)

   ▲デモ用酸素PSA(有償レンタル機) : 8 m3/Hr @ 0.3MPa吐出、
必要ドライクリーン空気量 2 m3/分 @ 0.69MPa 詳細はお問合せ下さい

   ▲水、液体中にナノサイズの酸素気泡を溶解・溶存させる
ウルトラファインバブル気液混合装置はこちら

 圧縮機 内蔵型 オイルフリーコンプレッサ 内蔵 酸素ガス発生装置は、こちらです!
(電源だけで、その場で、無限の大気から、酸素ガス O2 を簡単・安価に供給!)

酸素PSAの原理
酸素PSA 能力選定図

原料空気供給 (圧縮機別置き) 型: PSA式 酸素ガス発生装置
型式 O 2 純度
O 2 発生量
m3/Hr(*1)
取出圧力
MPa
適応圧縮機 (別途ご購入が必要です)
(神戸製鋼製 給油式)(*2)
重量
(kg)
寸法(mm)(*3)
奥行 高さ
SAO - 2 KPa 90 0.97 [0.85] 0.2 [0.3] AS2UD (圧縮機 1.5 kW、ドライヤ 0.26 kW) 170 550 800 1,050
SAO - 3 KPa 1.3 [1.2] AS3UD (圧縮機 2.2 kW、ドライヤ 0.26 kW) 185
SAO - 4 KPa 2.3 [2.1] AS4UD (圧縮機 3.7 kW、ドライヤ 0.26 kW) 215 1,350
SAO - 6 KPa 3.7 [3.3] CM6BD (圧縮機 5.5 kW、ドライヤ 0.26 kW) 250 1,650
SAO - 8 Ka 4.3 0.3 SG100ADⅢ-7.5
(圧縮機 7.5 kW、ドライヤ 0.45 kW)
440 900 800 1,840
SAO - 8 HPa 4.6 0.4 400 720 870 1,380
SAO -11 Ka 6.4 0.3 SG155ADⅢ-11
(圧縮機 11 kW、ドライヤ 0.4 kW)
460 900 800 1,840
SAO - 11 HPa 7.1 0.4 540 960 870 1,380
SAO - 15 Ka 9.6 0.3 SG235ADⅢ-15
(圧縮機 15 kW、ドライヤ 0.48 kW)
520 1,300 950 2,000
SAO - 15 HPa 10.7 0.4 680 1,200 870 1,380
SAO - 18 HPa 13.4 SG395ADⅢ-22U
(圧縮機 22 kW、ドライヤ 1.4 kW)
860 1,440 870 1,380
SAO - 22 HPa 16.0 1,050 1,680 870 1,380
SAO - 22+Sa 17.1 0.3 1,450 1,100 1,330 2,150
SAO - 30 Sa 21.5 SG655ADⅢ-37U
(圧縮機 37 kW、ドライヤ 1.4 kW)
1,520 1,150 1,400 2,250
SAO - 37 Sa 26.8 1,800 1,300 1,730 2,325
SAO - 45 Sa 30.1 1,920 1,300 1,730 2,450
SAO - 45 Z 2 a 34.2 0.35 SG985ADⅢ-55U
(圧縮機 55 kW、ドライヤ 2.1 kW)
2,175 1,700 1,330 2,150
SAO - 55 Z 2 a 42.8 2,290 1,800 1,400 2,250
 ※1:製品酸素発生量は、温度20℃、湿度60%(RH)の大気を吸気した時に発生する酸素ガスを吸込み条件に換算した値です。 環境周囲温度により、O2発生量は0~-10%
     (工場エアー等供給空気量に制限がない場合は~-5%) の変動があります。 発生量の保証値は、表値-5%(流量計精度も含む公差)になります。
 ※2:工場エアー(ドライ&オイルフリー)をご使用の場合は、必要空気量をお問合せ下さい。kWは、公称出力です(軸動力と異なります)。
     圧縮機はオイルフリーも使用できます。給油式の際は必ず指定のオイルミストフィルターを装備下さい。 別途、空気槽が必要です、詳細お問合せ下さい。
 ※3:突起部は除きます。(この仕様は予告なく変更する場合があります。)
 ※ :設置環境は、5 ~ 40 ℃、10 ~ 80 %R.H.(結露しない事)、屋内(非防爆)、十分な換気下、粉塵、腐食性ガス等の通常の大気成分以外のガスを含まない環境です。
     酸性雰囲気では吸着剤が劣化する可能性があります。 但し、この条件下において性能を保証するものではありません。
 オプション仕様:①定流量(調節)弁:御使用点の圧(PSA装置出以降の二次圧)が変動する場合でも、一定流量で供給が可能、純度変動を抑制します。


圧縮機内蔵型:オイルフリーコンプレッサ  内蔵 PSA式 酸素ガス発生装置
(電源だけで、その場で、無限の大気から、酸素ガス O2 を簡単・安価に供給!)
型 式 O2純度
O2 発生量 m3/Hr*1 取出圧力 MPa 内蔵オイルフリー圧縮機*2 交換
時間
表示部 ドレン
排出
原料
空気
重量
(kg)
寸法(mm)*5 騒音値
dB(A)
50 Hz 60 Hz 50 Hz 60 Hz 奥行 高さ
SAO-01m+ac 90 0.03 (0.5NL/分) 0.2 圧縮機 90 W x 1台
消費電力 180W
(*2:内蔵
圧縮機)




8,000
4桁
 
(*3)
排出
(*4)
20 280 350 360   *6
50
SAO-01mac 0.06 (1.0NL/分) 0.1
SAO-03Tac 0.16 (2.5NL/分) 0.10 0.12 圧縮機 0.3 kW x 1台 無し 52 400 460 850 56
SAO-04Tac 0.25 (4.0NL/分) 0.28 (4.4NL/分) 圧縮機 0.4 kW x 1台 55 420 490 850 56
SAO-08Tac 0.51 (8.0NL/分) 0.56 (8.8NL/分) 圧縮機 0.4 kW x 2台 90 480 620 950 58
SAO-1TPac 0.58 (9.0NL/分) 0.2 圧縮機 0.75kW x 1台 排出 付属 220 570 850 1,000 58
SAO-1.2Tac 0.77 (12.0NL/分) 0.85 (13.2NL/分) 0.10 0.12 圧縮機 0.4 kW x 3台 無し 120 600 650 1,300 62
SAO-1.6Tac 1.0 (16.0NL/分) 1.1 (17.6NL/分) 圧縮機 0.4 kW x 4台 140 62
SAO-2TPac 1.1 ( 18 NL/分) 0.2 圧縮機 0.75 kW x 2台 排出 付属 252 620 850 1,200 60
SOⅡ2 B X 1.1 ( 18 NL/分) 0.2 圧縮機 0.75 kW x 2台 タッチパネル 260 620 850 1,200 60
SOⅡ3 B X 1.6 ( 25 NL/分) 圧縮機 0.75kW x 3台 300 660 900 1,380 62
SOⅡ2PX 1.0 ( 16 NL/分)[0.86 (13)] 0.2  [0.3] 圧縮機 1.5 kW x 1台 20,000
Over-
Haul
無し 340 800 730 1,420 58
SOⅡ3PX 1.4 ( 22 NL/分)[1.3 (20)] 圧縮機 2.2 kW x 1台 350 60
SOⅡ4PX 2.2 ( 35 NL/分)[2.1 (33)] 圧縮機 3.7kW x 1台 450 910 850 1,620 63
SOⅡ6PX 3.5 ( 55 NL/分)[3.2 (50)] 圧縮機 2.2 + 3.7 kW 排出 780 1,380 1,130 1,380 65
SOⅡ8PX 4.5 ( 70 NL/分)[4.4 (68)] 圧縮機 3.7 kW x 2台 820 67
SOⅡ11PX 6.4 (100 NL/分) 0.3 圧縮機 3.7 kW x 3台 1,050 1,900 70

酸素PSA 能力図  ※1:製品酸素発生量は、温度20℃、湿度60%(RH)の大気を吸気した時に発生する酸素ガスを吸込み条件に換算した
     値です。 環境周囲温度により、O2発生量は0~-10%の変動があります。
     発生量の保証値は、表値-5%(流量計精度も含む公差)になります。
 ※2:内蔵圧縮機(コンプレッサ)の保証は、1年間、或いは 4,000時間(周囲温度35℃以上の稼働時間部は減ります)
    の短い期間で、メーカーメンテナンスが必要です。
    交換時間(内蔵圧縮機)は、連続運転時での圧縮機の推奨交換時間です。 詳細はお問合せ下さい。
 ※3:通常、ドレンが排出されます。"無し"と記載型式は、ドレン気化装置内蔵で排水無しのため、設置場所を選びま
    せん。
 ※4:外部工場エアー(原料空気:ドライ&オイルフリー)での運転切替え機能、ご使用の場合の必要空気量はお問合せ
    下さい。
 ※5:突起部は除きます。(この仕様は予告なく変更する場合があります。)
 ※6:騒音値は正面1.5m、高さ1m、床面コンクリート・一般環境で測定した参考値です。実際の騒音は暗騒音により
    増加します。増加の目安はこちらです。
 ※ :設置環境は、5 ~ 40 ℃、10 ~ 80 %R.H.(結露しない事)、屋内(非防爆)、十分な換気下、粉塵、腐食性ガス等の
    通常の大気成分以外のガスを含まない環境です。酸性雰囲気では吸着剤が劣化する可能性があります。 
    但し、この条件下において性能を保証するものではありません。
 オプション仕様:①定流量(調節)弁:御使用点の圧(PSA装置出以降の二次圧)が変動する場合でも、一定流量で
         供給が可能、純度変動を抑制します。