窒素ガス発生装置 (N₂発生機)
消費電力を最大30%削減、大幅コストダウンを達成!!


レンタル機のご案内


窒素ガス発生装置 (N₂発生機) (窒素PSA、窒素膜式、深冷式)

窒素ガス発生方式の適用概念図  窒素ガス分離・発生装置(N₂製造機)には、ガス発生装置ページに示すように、PSA式(圧力スイング吸着:Pressure Swing Adsorption)、膜式、低温利用による深冷式の三方式があり、流量、窒素純度により使い分けます。 業界トップ級の品揃え : 純度・方式・流量 !:低純度~高純度、膜・PSA・深冷、小型~超大型。

 PSA式窒素ガス発生装置による、空気中の窒素ガスを分離・発生する原理・しくみは、活性炭の一種である吸着剤(Molecular Sieving Carbon)の酸素と窒素の吸着速度の違い(下右図参照)を利用します。加圧下で短時間の内に酸素を優先的に吸着させることにより、空気より高純度の窒素を効率的に低コストで得ることができます。
吸着速度の差 窒素ガス発生量が少ない場合(~1,350 m³/Hr @ 99%、~679 m³/Hr @ 99.99%、~407 m³/Hr @ 99.999%)には、純度95~99.999%の高濃度窒素を深冷式よりも効率的に低コストで発生することが出来ます。

 装置は、小型から超大型まで、窒素ガスの純度、発生量、圧縮機(コンプレッサ)の型式などにより、以下の型式より最適なものを選定します。99%よりも低純度の場合は、PSA式か、膜式より選定します。

 CNeco(省エネ型機)は、新開発の吸着剤の採用により、適応圧縮機を1ランク小さくし、消費電力を最大30%削減すると共に省スペース化を達成、コストダウンとCO₂削減を同時に実現します。

【窒素ガス発生装置の紹介】 【窒素ガス価格・コストイメージ】 【装置フロー図】 【PSAの仕組み・動作】

ボンベ/ローリーから装置への切り替え → コストダウン !

発生装置以外の窒素ガス
コストダウンを実現

切り替え

無限の大気から高純度の窒素ガスを簡単に供給!

CNeco4タイプ(省エネ型機)
窒素ガス発生装置の型式選定

LINE UP・・・圧縮機内蔵、電気だけで直ぐに窒素ガスを発生!

PSA式
N₂発生機
小型内蔵型
(NH-TPシリーズ)

窒素PSA
内蔵型
(チッソメイトSN

窒素PSA
内蔵・一体型
(チッソメイトSN)

窒素PSA
圧縮機 *1 圧縮機内臓・窒素PSAオイルフリー
0.3~1.5kW
圧縮機内臓・窒素PSAオイルフリー
1.5~22kW
圧縮機内臓・窒素PSA油 冷 式
3.7~15kW
窒素
発生量
m3/Hr *3
95% *2 4.9 ~ 81 ~ 60
99.0 % 0.7 ~ 3.5 3.8 ~ 58 8.8 ~ 47
99.9 % 0.5 ~ 2.5 2.7 ~ 40 5.9 ~ 35
99.99 % 0.3 ~ 1.9 2.0 ~ 27 3.7 ~ 23
99.999 % 0.1 ~ 1.1 1.2 ~ 15 ~ 11

PSA式 以外の窒素ガス発生装置 !

膜式

深冷式

N₂発生機
膜式
ボンベダッシュ
(ATシリーズ)

ボンベダッシュ
深冷式
(関係会社:
エア・ウォーター・
クライオプラント(株)製)
 
深冷式
圧縮機 *1 別置き油冷式
2.2〜45kW
窒素
発生量
m3/Hr *3
95%*2 8 ~ 155

> 99.9999%
酸素 > 1 ppm

300 ~

フロー図はこちら
99.0 % 2.9 ~ 57
99.9 % -

LINE UP・・・圧縮空気があれば、高純度窒素ガスを発生 !   (窒素PSA)

PSA式
N₂発生機
工場空気対応
(CNeco-Wシリーズ)

窒素PSA
普及版・省エネ機 小型 PSA
(CNeco-Pシリーズ)

窒素PSA
中型・普及版
(JSPシリーズ)

窒素PSA
中型・最高級・省エネ機
(CNeco4)

窒素PSA
大型・KOBELION対応
(CNeco-Z2~4a)

大型・窒素PSA
超大型・Emeraude対応
(CNeco-Z4, 5, 6a)

超大型・窒素PSA
圧縮機 *1 工場ドライ空気0.5~0.9MPa
(0.75~11kW相当)
別置き油冷式
5.5~55kW
別置き油冷式
15~75kW
別置き油冷式
7.5~75kW
別置き油冷式
100〜150kW
別置きオイルフリー
150〜475kW
窒素
発生量
m3/Hr *3
97% *2 6.7 ~ 42
99.0 % 3.8 ~ 34 22 ~ 186 34 ~ 208 19 ~ 278 313 ~ 489 558 ~ 1,350
99.9 % 1.0 ~ 23 15 ~ 130 24 ~ 166 16 ~ 210 225 ~ 374 390 ~ 950
99.99 % 0.7 ~ 17 10 ~92 17 ~ 118 12 ~ 165 161 ~ 270 279 ~ 679
99.999 % 6.5 ~ 46 8 ~ 86 96 ~ 163 167 ~ 407

*1圧縮機は、オイルフリー方式、その逆の給油方式(フイルター設置が必要)も可能です。必要原料空気は、別記載無い限りは、装置取合い点で、20℃、ドライ(加圧下10℃露点以下)、クリーン (粒子除去サイズ < 0.01μm、残存油分量 < 0.01 ppm)で、装置保護のために、活性炭フィルター(残存油分量 < 0.003ppm)をPSA装置入口に設置下さい。

*2純度は、N₂(窒素)+Ar(アルゴン)などの容積%値で、製品ガス中の残存酸素濃度で保証します。純度により酸素濃度計の仕様と価格が異なります。
99.999%仕様の標準酸素分析計は、原料空気中のメタン等可燃性ガスの存在で表示酸素濃度が実際の酸素濃度よりも低い数値を示す場合があります。

*3製品窒素発生量は、温度20℃、湿度60%R.H.の大気を吸気した時に発生する窒素ガスを吸込み条件に換算した値です。 環境周囲温度により、N2発生量は0〜−10%の変動があります。 発生量の保証値は、表値−5%(流量計精度も含む公差)になります。

設置環境は 5 〜40 ℃、10 〜80 %R.H.(結露しない事)、非防爆、十分な換気下、粉塵、腐食性ガス等の通常の大気成分以外のガスを含まない環境です。 酸性雰囲気では吸着剤が劣化する可能性があります。但し、この条件下で性能を保証するものではありません。(この仕様は説明用の参考情報で、予告なく変更する場合があります。最新情報はお問合せ下さい。)

窒素ガス発生装置の型式選定

納入実績 (窒素PSA、窒素膜装置)

窒素ガス発生装置(PSA式) 450基以上 : オイルフリー圧縮機内蔵型PSA  50基以上
スペース調整油冷式圧縮機内蔵型PSA     150基以上
スペース調整圧縮機 別置き型PSA      250基以上
窒素ガス発生装置(膜式)  300基以上

TopPage