窒素ガス発生装置

膜分離式窒素ガス発生装置

  • 膜式
  • 別置き

ボンベダッシュ(ATシリーズ)

ボンベダッシュ(ATシリーズ)
中空糸膜透過速度有圧の空気源さえあれば簡単に製品窒素ガスがつくれます。PSAのように吸着塔の切り替えに伴う排気音もなく、窒素装置本体は、ほぼ無音の静かで、可動部がない、殆どメンテナンスフリーともいえる装置です。

本装置の特徴

 純度は通常99%レベルまでの適用が一般的で、製品量を絞れば99.9%まで可能です。

 膜モジュールは標準化されており、本数を増やすのみで大流量用途に適用可能です。PSAに比べ大量の原料空気量を必要としますので原単位的には割高になります。このため、以下の仕様に示す小型窒素発生装置として利用される例が大半です。

 原料空気圧力が高くなると製品窒素ガス流量が増えます。例えば、仕様表の製品窒素量は、0.69MPa時の流量で、右図の”原料空気圧力による製品窒素量の影響”と比較する事により、原料空気圧力が異なる場合の窒素ガス量の概算値が分かります。又、原料空気圧力1.5MPa迄受入が可能で、高圧の窒素ガスを容易につくる事が可能です。詳細はお問い合わせ下さい。

 水は膜モジュールでの透過速度が速いため排気側から排出され、窒素ガス露点は低くなります。 このため、窒素ガスの大気圧露点は、-30〜-75℃になります。詳細は、こちらを参照下さい!

窒素ガス流量[Nm3/Hr]
製品窒素純度

上段:製品窒素量、下段:原料乾燥空気量 (単位:m3/H :下表の流量は、20℃標準状態のm3、上図は0℃基準状態のNm3で、1m3=0.9318Nm3、表下注記参照)

型式 純度
99%
純度
98%
純度
97%
純度
95%
重量
(kg)
寸法(mm)
奥行 高さ
AT-1Ea 3.1 4.5 5.9 8.7 65 350 470 1,265
14.4 16.1 17.6 20.6
AT-1E3a 5.9 8.6 11.2 16.3 65
25.9 29.0 31.7 37.3
AT-3Ea 9.3 13.7 17.8 26.3 120 540 650 1,365
43.1 48.3 52.8 61.8
AT-2E3a 12.0 17.3 22.3 32.6 80 350 470 1,265
51.7 58.0 63.3 74.7
AT-3E3a 17.9 26.0 33.5 48.9 120 540 650 1,365
77.6 86.9 95.0 112
AT-4E3a 23.9 34.6 44.6 65.3 130
103 116 127 149
AT-5E3a 29.9 43.3 55.8 81.6 210 750 800 1,600
129 145 158 187
AT-6E3a 35.9 51.9 67.0 97.9 220
155 174 190 224
AT-7E3a 41.8 60.6 78.1 114 230 800 1,000
181 203 222 261
AT-8E3a 47.8 69.2 89.3 131 240
207 232 253 299
AT-9E3a 53.8 77.9 100 147 260
233 261 285 336
AT-10E3a 59.8 86.5 112 163 300 1,000 1,050
259 290 317 373
AT-9Ea膜装置
  (輸出用)

     膜装置内側→

  写真にマウスを
   重ねて下さい!▶

上記の製品量及び原料空気量は、原料乾燥空気圧力を0.80MPaにて供給した場合の数値です。
製品窒素量の保証値は、表値−5%(流量計精度も含む公差)になります。

製品窒素量は温度20℃、湿度60%(RH)の大気を吸気した時に発生する窒素ガスを吸込条件に換算した値です。

AT-1Ea〜AT-4E3aは、キャスターが標準です。
(この仕様は説明用の参考情報で、予告なく変更する場合があります。)

ボンベダッシュ(ATシリーズ)

このページのトップへ

  • サイトマップ
  • ご利用条件